小説

スポンサーリンク
オーディオブック

双頭の悪魔

★あらすじ ミステリーサークル紅一点のマリアが親にも詳細を告げずに、謎の村に行ったっきり、帰ってこない。心配した父親がサークルの江神二郎、アリスらに彼女を連れ戻してほしいと頼んできた。彼女が滞在しているのは、金融で財を成し...
レビュー

兎の島

★あらすじ ストリキニーネ 彼女は、耳たぶから下がった肢を、老夫婦に見られないか不安だった。片耳が重い。彼女たちはホテルに下船し、ホテルに入る。フロント係は彼女の耳をじろじろ見ている。買い物に出掛け、ヒジャブを買いも...
レビュー

マイケル・K

★あらすじ 舞台はアパルトヘイト時代の南アフリカ。内線が続き、国内はどこも荒れ果てていた。主人公のマイケルは母親と二人でケープタウンで暮らしていた。マイケルは口唇裂で、それもあってか子どももの頃からいじめられていた。それでもなんと...
レビュー

ガラスの海を渡る舟

★あらすじ 大阪の下町に暮らす道(みち)と羽衣子(ういこ)の兄妹は、祖父が営んでいたガラス工房と店を引き継ぐことになった。 兄の道には “苦手” なものが多い。複数の人と一辺に会話すること、騒がしい音、服に付いている...
レビュー

異端の祝祭

★あらすじ 島本絵美は子供の頃から引っ込み思案で、そのせいで就職活動も全く上手くいかず、不合格の連続だった。兄の陽太もそんな妹が心配でしょうがない。だが大手企業の「モリヤ食品」の面接を受けたところ、なぜかいきなり採用決定と...
レビュー

古代都市ローマの殺人

★あらすじ 舞台は紀元前70年の古代ローマ。グナエウス・ポンペイウスとマルクス・リキニウス・クラッススが執政官の年だ。共和制ローマでは、年ごとに任命される二人の執政官の名前を挙げることで何年であることを表した(十干十二支のような感...
レビュー

文豪怪談傑作選 吉屋信子集 生霊

★あらすじ 生霊 終戦後、シベリアから復員してきた菊治は建具職人をしていた。日本に帰り着いたものの行く当てもなく、この別荘地に彷徨いこんだ。避暑地の冬は、どの別荘も人気がない。菊治は一軒の別荘に忍び込み、仮の宿として...
レビュー

エル・スール

★あらすじ 主人公のアドリアナの回想として語られる物語。 子供の頃、街から二キロも離れた、野原のまっただ中にポツンと建っている家に住んでいた。父と母と、お手伝いのアグスティーナにホセファ、そして彼女。たまに父の妹であ...
レビュー

首都消失

★あらすじ S重工の朝倉はその朝早くに、好物のとり御飯弁当を買い込んで名古屋から東京へ向かう新幹線に乗り込んだ。だが、彼の乗った列車は濃霧のために浜松駅で止まってしまった。東京本社へ連絡を取ろうと電話をするも全く通じない。...
レビュー

復活の日

★あらすじ 米国が打ち上げ、帰還した宇宙船の表面から未知の“生物”が発見された。米軍は密かにそのウイルス様の生物を兵器とすべく、極秘裏に研究を始める。が、ある時、イギリスの諜報機関に一部を盗まれてしまった。そのイギリスでも...
スポンサーリンク