思想

スポンサーリンク
レビュー

山室軍平

★あらすじ 救世軍は十九世紀後半にイギリスで生まれた、キリスト教の一団体だ。創始者のウイリアム・ブースが軍隊様式の組織を作り、伝道と社会福祉を目指したためにこの名前となっている。 山室軍平は、この救世軍の“日本支部”に大きく...
レビュー

民主主義とは何か

★あらすじ 民主主義とは何だろうか。多数決で全体の意思を決めることか。選挙で選んだ代表が議会で物事を決めることか。でも、それでは少数の意見が無視されてしまうし、選挙後に代表者が好き勝手をするかも知れない。それは民主主義なのだろうか...
レビュー

快楽としての動物保護

★あらすじ 映画「ザ・コーブ」は、日本のイルカ漁を批判・非難する内容で、アカデミー賞まで受賞した作品だ。それ以前にも、「動物の権利」の主張の下、日本食の活け造りなども批判されている。これらは単に、異文化間での認識の違いというだけで...
レビュー

日本の鬼図鑑

★あらすじ 「オニ」の語源は「隠(オヌ)」つまり、目に見えない恐ろしいものと平安時代の文献に記されている。それが鈍って「オニ」となり、中国では資料を表していた漢字「鬼」が当てられるようになった。 酒呑童子を初め多くの...
レビュー

ソクラテスの弁明

★あらすじ ギリシアのポリスの一つアテナイで石工を職業としていたソクラテスは、街頭で人びとと「徳」をめぐって対話を繰り返す日々を送っていた。だが、紀元前399年春に「不敬神」の罪で告発され、裁判の被告となってしまった。アテナイの裁...
レビュー

私たちはどのような世界を想像すべきか

★あらすじ 本書は、東大に入学したばかりの新入生を中心に、2020年度に駒場キャンパスで行われた学術フロンティア講義「30年後の世界へ―『世界』と『人間』の未来を共に考える」の内容をまとめたものだ。ビデオ公開もされている。...
レビュー

世界哲学史3

★あらすじ 古代から現代まで世界哲学史を一望に収める八巻シリーズの第三巻。本巻では紀元後七世紀から十二世紀までの時間的範囲を区切り、各地域の知の営みを見ていく。一般的に「中世」と呼ばれている時代だ。インドや中国にも「中世」という区...
レビュー

中国の神獣・悪鬼たち 山海経の世界

★あらすじ 中国古代社会は黄河流域を中心に発達した。邑(ゆう)と呼ばれる集落と田畑が人びとの小宇宙であり、「内なる世界」だった。そして「内なる世界」の外側には、昼なお暗い森林や藪、沼沢、原野、そしてかなたに山岳が聳える「外なる世界...
レビュー

公文書危機

★あらすじ 2020年年明けの国会では「桜を見る会」をめぐって安倍首相(当時)や官僚たちが 「名簿は会の終了後、速やかに廃棄した」「名簿の電子データも廃棄した」「名簿は廃棄済みなので、答えられない」 と、記録がないから...
レビュー

秘密の動物誌

★あらすじ ジャーナリストである私たちは、クライアントからの依頼を受けてスコットランドのある地方のルポルタージュをするため、彼の地を訪れた。長期におよぶため、取材の拠点としてホテルではなく、一軒屋を借りることにした。その家は数十年...
スポンサーリンク