スポンサーリンク
レビュー

人物叢書 北条義時

★あらすじ 北条義時は、父時政の次男として生まれる。姉は北条政子。源頼朝が北条時政らの力を頼りに平氏打倒を目指して挙兵した訳だが、序盤の石橋山の戦いで法条家の嫡男だった兄の宗時が戦死したため、法条家の跡取りとなる。その後は父の時政...
レビュー

聖人と竜

★あらすじ 日本ではほとんど知られていないが、聖ゲオルギウスはヨーロッパにおいて最も有名な聖人だ。その人気はヨーロッパに留まらず、ロシアやイスラム圏でも知られている。 聖ゲオルギウスのアトリビュート(伝説上・歴史上の人物また...
レビュー

日本の鬼図鑑

★あらすじ 「オニ」の語源は「隠(オヌ)」つまり、目に見えない恐ろしいものと平安時代の文献に記されている。それが鈍って「オニ」となり、中国では資料を表していた漢字「鬼」が当てられるようになった。 酒呑童子を初め多くの...
レビュー

現代語訳 吾妻鏡 4 奥州合戦

★あらすじ 文治四年(1188)二月 二十一日 丁亥 九州喜界島(喜賀井島)の状況報告が届く。頼朝は侵攻延期を決める。*喜界島がどの島を指すのか現在は不明。当時、日本の最南端と考えられていた。 四月 九日 乙亥 奥州に下向し...
レビュー

コーヒーの科学

★あらすじ アカネ科の植物「コーヒーノキ」は赤い果実を実らせる。果肉も食べることはできるが、もっぱら利用されるのは種子の部分。種子が「コーヒー豆」と言われるものだ。そして、飲料としての珈琲の原材料はこのコーヒー豆と水(湯)だけだ。...
HowTo

パブリックスピーカーの告白

★あらすじ 著者は自身のことを「講演家」とは呼ばず、「フリーランスの思想家」としている。自分の考えを伝え、話すために、日々、飛行機でアメリカ中を飛び回っている。そんな著者が、講演をすることに対しての経験談や考え方を示しているのが本...
レビュー

ガラスの海を渡る舟

★あらすじ 大阪の下町に暮らす道(みち)と羽衣子(ういこ)の兄妹は、祖父が営んでいたガラス工房と店を引き継ぐことになった。 兄の道には “苦手” なものが多い。複数の人と一辺に会話すること、騒がしい音、服に付いている...
レビュー

本当は間違っている心理学の話

★あらすじ 通俗心理学の多くは人間の特性について誤解を生むだけではなく、間違った判断を招く。本書は現代通俗心理学を、科学的な証拠を通して精査した最初の書籍である。 人は自分の脳を10%しか使っていない。性的に虐待された子ども...
レビュー

粘菌 知性のはじまりとそのサイエンス

★あらすじ 本書は映画「The Creeping Garden」と連携した書籍である。著者たちがその映画を監督し、そして本書の執筆も行った。本書では、映画製作の過程を紹介するとともに、粘菌の詳しい紹介も行っている。 粘菌は植...
レビュー

ソクラテスの弁明

★あらすじ ギリシアのポリスの一つアテナイで石工を職業としていたソクラテスは、街頭で人びとと「徳」をめぐって対話を繰り返す日々を送っていた。だが、紀元前399年春に「不敬神」の罪で告発され、裁判の被告となってしまった。アテナイの裁...
スポンサーリンク