スポンサーリンク
レビュー

公武政権の競合と協調

★あらすじ 京都という都市から、日本の中世を見ていこうというシリーズの一冊。本書は、鎌倉幕府成立によって“歴史の視点”が東国に集中し、これまでは語られることが少なかった鎌倉時代の京都について論じた一冊になっている。 一般に、...
レビュー

ニュートン式 超図解 最強に面白い!! 周期表

★あらすじ 「ニュートン式 超図解 最強に面白い!! 」シリーズの一冊。 十九世紀、ロシアの科学者ドミトリ・メンデレーエフは化学の教科書を執筆する際、元素の説明をどうすればいいか悩んでいた。そこで、元素を軽い順に並べ、さらに...
レビュー

山室軍平

★あらすじ 救世軍は十九世紀後半にイギリスで生まれた、キリスト教の一団体だ。創始者のウイリアム・ブースが軍隊様式の組織を作り、伝道と社会福祉を目指したためにこの名前となっている。 山室軍平は、この救世軍の“日本支部”に大きく...
オーディオブック

双頭の悪魔

★あらすじ ミステリーサークル紅一点のマリアが親にも詳細を告げずに、謎の村に行ったっきり、帰ってこない。心配した父親がサークルの江神二郎、アリスらに彼女を連れ戻してほしいと頼んできた。彼女が滞在しているのは、金融で財を成し...
レビュー

民主主義とは何か

★あらすじ 民主主義とは何だろうか。多数決で全体の意思を決めることか。選挙で選んだ代表が議会で物事を決めることか。でも、それでは少数の意見が無視されてしまうし、選挙後に代表者が好き勝手をするかも知れない。それは民主主義なのだろうか...
レビュー

兎の島

★あらすじ ストリキニーネ 彼女は、耳たぶから下がった肢を、老夫婦に見られないか不安だった。片耳が重い。彼女たちはホテルに下船し、ホテルに入る。フロント係は彼女の耳をじろじろ見ている。買い物に出掛け、ヒジャブを買いも...
レビュー

マイケル・K

★あらすじ 舞台はアパルトヘイト時代の南アフリカ。内線が続き、国内はどこも荒れ果てていた。主人公のマイケルは母親と二人でケープタウンで暮らしていた。マイケルは口唇裂で、それもあってか子どももの頃からいじめられていた。それでもなんと...
レビュー

現代語訳吾妻鏡 9 執権政治

★あらすじ 承久四年 (貞応元年)1222年2/6 犬追物が行われ、三寅(後の頼経)が楽しんだ。(犬追物の話は初出)5/4 地震があった。5/24 天地災変の御祭が行われる。7/23 大地震が起きた。(その後も、年末まで地震が頻発...
レビュー

現代語訳吾妻鏡 8 承久の乱

★あらすじ 建保二年 1214年2/4 実朝の病気見舞いに栄西が茶葉と自分が書いた書物を献上する。茶の効能を書いた書物だ。(「喫茶養生記」のこと)4/23 「京都の園城寺(三井寺)が延暦寺衆徒の襲撃を受け、放火され、建物の殆どが消...
レビュー

現代語訳吾妻鏡 7 頼家と実朝

★あらすじ 正治三年(建仁元年) 1201年2/3 旧平家方の豪族(城長茂)が京都で後鳥羽院の御所を取り囲む事件を起こす。「関東を追討せよ」との宣旨を出すように要求した。だが、失敗して逃亡した。3/4 城長茂らが捕らえられ、斬首・...
スポンサーリンク