レビュー

スポンサーリンク
エッセイ

死者の民主主義

★あらすじ NetGalleyで前半二章を先読み。 本書は、民俗学者の著者が思想誌やウェブメディアなどに発表した文章を集めたエッセイ集だ。 「立憲主義」は、過去の失敗を繰り返さないようにと言う経験値や教訓をルール化し、憲...
エッセイ

考えるヒント

★あらすじ 本書は、新聞や雑誌に掲載されたり、著者が講演で語ったものを集めたエッセイ集だ。そのため、テーマは様々で、一般向けに書かれたものなので、いわゆる“評論”のような堅さはない。時事問題や古典の引用に、著者の体験などを交えた話の運びとな...
レビュー

教団X

★あらすじ 楢崎はさえない生活を送っている若者。そんな彼がちょっとの間付き合っていた女性、立花涼子が失踪してから数年が立っていた。ある日、友人が彼女を見たと楢崎に言ってきた。彼女はとある宗教施設に出入りをしていたらしい。だが、それは...
レビュー

オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン

★あらすじ かつて、ノルウェーのオスロ警察には、殺人捜査のプロフェッショナルたちが集まった特別なチームがあった。だが、ミア・クリューゲルが起こした“事件”によって解散の憂き目に遭う。チームのリーダーだった敏腕刑事ホールゲル・ムンクは...
エッセイ

小説の森散策

★あらすじ 本書は、「薔薇の名前」などの著者として知られる、イタリアの小説家・文芸評論家・記号学者・哲学者ウンベルト・エーコがハーヴァード大学ノートン・レクチャーズで行った六回の講義録をまとめたものだ。どのように読書すればいいのか、...
レビュー

グノーシスの神話

★あらすじ 名前は聞いたことがあっても、どのような思想・考え方なのかは知られていない“グノーシス”。ギリシア哲学のストア派の自然観、そしてユダヤ教・キリスト教の創造信仰のアンチテーゼとして捉えると分かり易い。 ストア派では、「万物に...
レビュー

生命の歴史は繰り返すのか?

NetGalleyで刊行前の版をいただき、読んでみました。 ★あらすじ ピクサーの映画「アーロと少年」は、巨大隕石の衝突を免れ、恐竜がそのまま生き残った架空の世界を描いたもの。著者は、その作品に人間が登場することに違和感を感じ...
レビュー

天皇の歴史1 神話から歴史へ

★あらすじ 「古事記」「日本書紀」には、初代の神武天皇(カムヤマトイハレヒコ)からの伝承が語られている。一方で、歴史の教科書には普通、卑弥呼に始まり、倭の五王の事蹟が取り上げられている。後者は中国の歴代王朝の正史に記されたもので信憑...
レビュー

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~

★あらすじ 時は2018年。前作から七年の時が過ぎている。北鎌倉で古本屋「ビブリア古書堂」を今も営んでいる主人公の篠川栞子と五浦大輔は結婚し、一女(扉子)を設けていた。その子ももう六歳。外見は母親の栞子そっくり。そっくりなのは本に対...
レビュー

フェイクニュースを科学する

★あらすじ 嘘やデマ、陰謀論やプロパガンダは昔から存在した。これらがインターネット上で拡散していくものをフェイクニュースと一括りにされて語られることが多い。しかし、フェイクニュースは内容や伝達の問題だけではなく、情報の生産者と消費者...
スポンサーリンク